• 2020年2月28日

【仙台ジャズノート】子どもたちがスイングする ブライトキッズ

【佐藤和文(メディアプロジェクト仙台)】高齢化が進む中、ジャズ音楽を楽しむシニア世代が増えています。ややもすると、ジャズは年配が楽しむ音楽という受け止め方があるかもしれませんが、小学生のジャズバンドが活動する例があります。ジャズ音楽を継承する最も若い […]

  • 2020年2月28日

「新型ウイルス不安」で音楽祭を断念、それでも無観客LIVEで「人と人をつなぎたい」 仙台出身のシンガーソングライター

【寺島英弥=仙台市】佐野碧さん。仙台市出身で、東京からネパールまで海を越えて活動するシンガー・ソングライターだ。今年1月29日の自身のブログ「空からこぼれた歌がある。」に、佐野さんはこう書いた。  『2020年開催決定。日本とアジア、そして世界を繋ぐ […]

  • 2020年2月27日

利府の海を見て、食べて、楽しむ!ハマスカ体験フェア2020開催

【岩崎尚美=宮城県利府町】2020年2月23日、利府町の浜田・須賀地区でハマスカ未来会議が主催する「ハマスカ体験フェア2020」が開催されました。浜田・須賀地区は、東日本大震災によって大きな津波被害を受けた地区です。そうした場所で住民が主体となって始 […]

  • 2020年2月21日

【仙台ジャズノート】ジャズは難しい?

【佐藤和文(メディアプロジェクト仙台)】「仙台ジャズノート」を思いついた直接のきっかけは、仙台地域のミュージシャンを応援する音楽情報サイトを運営する漆田義孝さん=音楽支援団体modulation 共同代表=の言葉でした。「ロコノオト」は2019年6月 […]

  • 2020年2月20日

【秋田・草生津川カメラ散歩】春を呼ぶアカゲラ

【連載】秋田・草生津川カメラ散歩秋田魁新報出身で秋田市在住の吉田博実さんによる、写真の連載が2020年1月よりスタート。秋田市を流れる草生津川沿いを歩きながら、「作らない、狙わない、待たない」写真で四季折々の豊かな自然風景をお届けします。 【吉田博実 […]

  • 2020年2月19日

落選者の事務所から見えたもの―過去最低投票率の岩沼市議選

令和元年、最後の月。宮城県岩沼市で、過去最低の投票率となった市議会議員選挙がありました。今回落選した候補者と元同期生で、選挙事務所で手伝いをした元河北新報記者の土井敏秀さんが、落選者側の視点から選挙を振り返るルポルタージュを寄稿してくれました。 【土 […]

  • 2020年2月11日

【秋田・草生津川カメラ散歩】草生津川の冬

【連載】秋田・草生津川カメラ散歩秋田魁新報出身で秋田市在住の吉田博実さんによる、写真の連載が2020年1月よりスタート。秋田市を流れる草生津川沿いを歩きながら、四季折々の豊かな自然風景をお届けします。 【吉田博実=秋田市】草生津川は秋田市の北部から秋 […]

  • 2020年2月10日

地方最大級の起業イベント「TGA Festival 2020」仙台で2/25開催

【PR記事】地方最大級の起業家イベントが、今年も宮城県仙台市で開かれます。東北を中心とした起業家のピッチのほか、全国から著名な起業家たちがゲストスピーカーとして登場。仙台市とMAKOTOキャピタルの主催で、2020年2月25日(火)、仙台市の仙台国際 […]

  • 2020年2月7日

【仙台ジャズノート】プロローグ・身近なところで

【佐藤和文(メディアプロジェクト仙台)=仙台市】米国生まれのジャズ音楽を身近なところから見詰め直したい。古いジャズファンの一人としてジャズの魅力を少しでも伝えられればうれしい。そんな思いから「仙台ジャズノート」の取材は始まりました。人口百万の地方都市 […]

>TOHOKU360とは?

TOHOKU360とは?

TOHOKU360は、東北のいまを東北に住むみんなの手で伝える、参加型の"ニュースプロジェクト"です。経験豊富なメディア出身者で構成される「編集者」と、東北6県の各地に住む住民の「通信員」とが力を合わせ、まだ知られていない価値あるニュースを一人一人が自分の足元から発掘し、全国へ、世界へと発信します。

CTR IMG